2009年10月27日

Excel出力コンポーネント

Excel出力VCLコンポーネント(ソースコード付)

 
 データベースの内容を簡単にエクセル出力する機能をもつDelphiコンポーネントです。
 データセットを指定すると、その内容を指定された形式でエクセル出力します。
 出力方法として3つあり、それぞれが別のコンポーネントとなっています。

(1) カードタイプの出力(TXlsCard)

 指定されたテーブルの内容をカード(単票)タイプでエクセル出力します。
 単純なマスタテーブルの内容を1レコード1ページの形式で出力するのに適しています。

(2) リストタイプの出力(TXlsCard)

 指定されたテーブルの内容を一覧形式でエクセル出力します。
 1レコード1行として、複数行を複数ページに出力するのに適しています。

(3) マスタ+詳細タイプの出力(TXlsSlip)

 マスタテーブルと、マスターテーブルとキー結合している別テーブル(詳細)の双方をエクセル出力します。
 あるマスタテーブルとその詳細を表すテーブル(例えば、発注テーブルと発注明細テーブルなど)を1マスタレコードと複数の詳細レコードを1ページにまとめて出力するのに適しています。 (ただし、データが多いと処理時間がかかることがあります)


 詳細は、ダウンロードファイル内の”エクセルコンポーネント説明.txt” を参照してください.
 VCLソースコードとサンプルプログラムもついています。詳細理解は、サンプルプログラムのコードを見ていただくのが一番早いかと思います.
 Delphi Ver7 と、Delphi2007 for Win32 で、動作確認を行っています。
 サンプルも上記のバージョンのものが作成してあります。(ソースは、ほとんど同じで、プロジェクトファイルが異なっています)
 Ver1.1.0で、Delphi2010 for Win32 のパッケージとサンプルを追加しました。

 コンポーネントソース&サンプルソースを公開しておりますので、使用方法についてのお問い合わせにつきましては、有償での対応とさせていただく場合がございます。ご了承ください。


Excel出力コンポーネントVer1.0.0
初版公開 2009.01.25 TSExcel_20090125.ZIP

Excel出力コンポーネントVer1.1.0
Ver1.1.0 2010.04.23 TSExcel_20100423.zip
 *Delphi2010のパッケージとサンプルを追加しました。

Vectorでも公開しています(Ver1.1.0は更新申請中)
http://www.vector.co.jp/soft/cmt/winnt/prog/se471128.html

posted by しんくそふと at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel出力コンポーネント

2014年09月30日

Excel出力コンポーネント DelphiXE7版


以前、Excel出力コンポーネントのDelphiXE6版の公開のアナウンスをしましたが、XE7が出たので、XE7版としました。

今回は、DelphiXE7用のみです。

サンプルプログラムも前バージョンは、ClientDataSetを使用していましたが、FireDACのFDMemTableに変更しています。
また、Excelは、Excel2010についてのみ確認しています。

以前のバージョンと同様ソース付です。



コンポーネント修正箇所
・Excel2010対応のため、改ページ部分を変更しています。内容はソース確認してください。

不具合など見つけましたら、連絡いただけるとありがたいです。


posted by しんくそふと at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel出力コンポーネント