2012年11月26日

DelphiXE3版 "3層スタイルC/Sアプリ作成術"サンプル


DelphiXE3版の"3層スタイルC/Sアプリ作成術"サンプルです。

Sample_20121126.zip


今回は、C/Sモデルとそこから展開される、SOAPクライアント、SOAPサーバーのプロジェクトが入れてあります。
データベースアクセスについては、DBXからFireBirdアクセスのみです。
SOAPサーバーについては、DelphiXEから作成できるようになったVCLスタンドアロンアプリのプロジェクトと、CGIアプリのプロジェクトの2種類を作成しています。

VCLスタンドアロンアプリについては、C/Sアプリとソースを共有するため、共有リソースの排他などは考えていませんので、あくまでもデバック用として使用すると考えてください。サーバーモジュールとしてのデバックは非常に便利です。C/Sアプリで見つけられない、3層化のためのドライバモジュール部分の不具合の確認に使用できます。

Win32でのみ動作確認しています。
(追記)

SOAPサーバーのうち、CGIのWebサーバーは、Apache2.0.64を使って確認しています。
バージョンの影響を受けることはないと思います。

実稼働システムでは、認証機能やSSLの組み込みも行っています。
当然ですが、SSLを組み込むと若干レスポンスが遅くなります。

ちなみにSOAPサーバーアプリの違いはこちらを↓
http://docwiki.embarcadero.com/RADStudio/XE3/ja/%EF%BC%BBSOAP_%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%96%B0%E8%A6%8F%E4%BD%9C%E6%88%90%EF%BC%BD
posted by しんくそふと at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 3層スタイルC/Sアプリ作成術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60316876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック