2012年06月13日

BDE Decision Cube ComponentsをDelphi2007で使用

Delphi ver7に存在した、BDEのDecision Cube Componentsが、Delphi2007のコンポーネントパレット上から消えている。

ただ、ソースは残してあるようである。そこから、パレットに復原する方法。

ソースは、($BDS)\source\Win32\xtab にある。

上記ホルダにあるプロジェクトファイルを使って再構築するば良いのでだが、エラーが出る。
参照パッケージの追加が必要なようで、”参照の追加”で、dclbde.dcp の追加が必要なようである。
追加後、再構築すればOK。

Delphi2007のソースも値によってオーバーフローするバグ(?)は直っていないようで、下記の修正が必要。

//  procedure SetMemoryCapacity(Value: Integer);
  procedure SetMemoryCapacity(Value: Int64);
//  function GetMemoryCapacity: Integer;    adachi
  function GetMemoryCapacity: Int64;
〜〜〜〜
var
//  AvailableMemory: Integer;       { Memory available to allocate }   adachi
  AvailableMemory: Int64;       { Memory available to allocate }
//  TotalAllocatedMemory: Integer;  { Total allaocted by the array classes }adachi 2
  TotalAllocatedMemory: Int64;  { Total allaocted by the array classes }

定義部分のみ掲載なので、関連するメソッドのコード修正は必要。
posted by しんくそふと at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発TIPS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56426804
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック