2009年10月28日

(5)まとめ

・UNICODEでのFireBirdは、使用しずらい。
  テーブル名、フィールド名に漢字を使っているのが悪いのだと思うが、今まで使っていた
  IBExpertが使えない。

・IBXがUNICODEに対応できていない??
  select文でフィールド名の取得に問題あり?FireBirdは、正式サポートでないので、
  仕方ないのか。後日、InterBaseでも確認してみよう。
  TIBTableもおかしい。''で囲ったフィールド名定義にも対応できてなさそう。これも
  FireBirdだけなのかな?

・DBXのParamsのDataType
  ”IBXがUNICODEに対応できていない??”ため、DBXを使用することになったが
  ParamsのDataTypeの設定は、面倒。今回は、プログラムが小さいので、それほ
  ど苦にならないが、大きなプログラムの場合、ネックになりそう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33249456
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック