2009年10月27日

3層スタイルC/Sアプリ作成術 サンプルプログラムソース

 業務アプリケーションを作成する際、データベースに何を選択するか。
 データベースコンポーネントに何を使うかは、悩みどころだと思います。
 将来のことまで考えると正解があるようで、ないのが現実だと思います。

 弊社では、とりあえず今ベストだと思われるものを選択。
 ただし、依存部分を極力減らし、将来、上記の変更があった場合にも、なる
べく少ない変更で対応できるようにするように考えました。
 この方法は、”第10回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ”で発表させて
いただきました。

 このサンプルは、下記セッションの内容に基づいたサンプルプログラムです。
大阪会場T6セッション
「業務管理システム開発の実例にみる3層スタイルC/Sアプリ作成術」
資料URL
http://edn.embarcadero.com/jp/article/images/38706/t6.pdf

FireBird+IBX, FireBird+ADO, FireBird+DBX, Oracle+DBX、dBase+BDE(*1)
の組み合わせでのソースを作成しています。
クライアントソースは、そのままに、サーバー側ユニットを切り替えることで
上記、DBとDBアクセスコンポーネントの入れ替えを確認できます。
それおぞれの実装の違いの確認もできます。

また、この手法をとることにより、生産性もあげられ、メンテナンスもしやすいシステム構築が可能です(自己評価です)


(*1)2009/3/31バージョンで追加

また、2009/3/31改訂版では、3層SOAP実装のプロジェクトも公開しています。

詳細は、下記圧縮ファイル内のReadMe.txtをご参照ください。


###############################################################
残念ながら、サンプルソースについては、コメントがほとんどありません。
このソースに興味を持っていただき、もう少し詳しく説明がほしい方見えましたら、
交通費+呑み代 にて、ご訪問し、解説させていただきます。
メールにてお問い合わせください.
###############################################################


サンプルソース(Sample.20090404.zip)
2013.01.16 リンク先変更しました(Vectorのサイトにとびます)

初版公開 2009.03.24 Sample.20090324.zip
改定    2009.03.31 Sample.20090331.zip
   dBase+BDE サーバユニット追加
   3層SOAP 実装プロジェクトの追加
   その他、バグ等もろもろ修正
改定    2009.04.04 Sample.20090404.zip
   バグ修正


posted by しんくそふと at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 3層スタイルC/Sアプリ作成術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33227368
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック