2016年10月18日

IoT試作3

前回は、MCP3002 で2Chのアナログデータを取得したが、今回はMCP3208で8Chのアナログデータを取得し、諸々データの確認を行った。

Ardinoとの配線は、下記を参照。

161018_103900.jpg


161018_103920.jpg


Ardinoのコードは、上記サイトのものはうまく行かなかったので、SPIのソースをネット上で探し、それを元に作成。
8Chを20回読み込むのに、およそ7m秒ぐらい。

Delphiもちょっとした機能を確認しながら作成できるが、マイコンもArdinoのようなもので簡単に(最初は簡単でなかったけど)確認できるの便利である。



posted by しんくそふと at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発TIPS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177303355
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック