2016年05月31日

FireDAC PostgreSQL

PostgreSQL クライアントに必要なdll
(下記ファイルをパスが通っているところに置くことで特にインストールは不要)

  • libpq.dll
  • ssleay32.dll
  • libeay32.dll
  • libintl-8.dll
  • libiconv-2.dll


PCによっては、「Microsoft Visual C++ 2010 Redistributable Package」が必要


詳細は、
http://docwiki.embarcadero.com/RADStudio/Seattle/ja/PostgreSQL_%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%8E%A5%E7%B6%9A%EF%BC%88FireDAC%EF%BC%89


FireDAC Params設定は、下記7点
  with DBPg.Params do
  begin
    Values['DriverID'] := 'PG';
    Values['Database'] := DBName;      //データベース名
    Values['User_Name'] := UserName;
    Values['Password'] := Password;
    Values['Server'] := Server;               //サーバー名(IP)
    Values['CharacterSet'] := 'UTF8';      //文字コードがUTF8のとき
    Values['ExtendedMetadata'] := 'True';;  //漢字フィールドを使うため
  end;

タグ:FireDAC
posted by しんくそふと at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | おぼえ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175504372
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック